不動産投資の種類

様々な不動産投資について

不動産投資の物件種類

長引く低金利で、貯蓄の魅力が下がっている一方、投資資金を借り入れで調達する不動産の魅力が増しています。物件の資産価値を担保にすることで、長期低金利の投資資金を調達し、家賃収入を返済に充てれば、少ない手元資金でスタートで来て、将来返済がおわれば名実ともに自分の財産になります。物件の種類は、マンションと戸建、ワンルームやファミリータイプなどの違いがありますが、マンションと戸建では、維持管理の費用が毎月見積りしやすいマンション、ワンルームとファミリータイプでは需要が安定しているワンルームがおすすめです。

不動産投資の種類について

投資の商品の中でも今注目を集めている不動産投資ですがその種類ついて説明します。まず大きく分けると3種類あります。まず1つ目はマンションオーナーとなってその物件運用する現物取引。次に小口化と言って複数の人でお金を出し合って1つの物件を購入する方法です。最後にJ-REITと呼ばれている信託取引です。リスクは1番目の現物取引が1番高いわけですが、その分リターンも大きいのが特徴です。順を追ってリスクもリターンも下がっていきますがその分資産を失う可能性も下がっていきます。色々な商品がある事もその魅力の1つです。

↑PAGE TOP